on sale now

☆DVD・Blu-ray
9/9「エヴェレスト、神々の山嶺」(岡)発売日※豪華盤、通常盤(DVD・Blu-ray)
9/14「滝沢歌舞伎2016」(三)発売日※初回生産限定盤、通常盤(DVD)
9/21「警視庁捜査一課9係-season11-2016」(井)※DVD

pre-release

☆映画
12/10上映開始:映画「海賊とよばれた男」(岡)
2017年秋上映開始:映画「関ヶ原」(岡)
☆DVD・Blu-ray
11/2「ヒメアノ〜ル」(森)発売日※豪華版、通常版(DVD・Blu-ray)
☆TV
10/6放映開始:NHK-BSプレミアム「ザ・プロファイラー〜夢と野望の人生〜season5」(岡)
☆舞台・ステージ
2017/1/21〜2/26「TWENTIETH TRIANGLE TOUR『戸惑いの惑星』」(20th)

V6近日の予定

※雑誌の発売日、放送・放映日に関しましては、地域によって差が生じる場合があります。詳細は公式サイト等でご確認下さい(スケジュールに記載しているものは関東版です)。

WOWOW「図書館戦争」「図書館戦争 THE LAST MISSION」放送スケジュール
※携帯サイトに飛びます。

○10/3(月)
☆TV
14:00〜WOWOWライブ「V6 LIVE TOUR 2015-SINCE1995〜FOREVER-放映直前スペシャル」※再放送
15:00〜WOWOWライブ「V6 LIVE TOUR 2015-SINCE1995〜FOREVER-」※再放送
☆雑誌
「キネマ旬報NEXT」Vol.11(岡)

●10/5(木)
☆雑誌
「TVstation」21号(岡)※「海賊と呼ばれた男」現場レポート

○10/6(木)
☆TV
21:00〜NHK-BSプレミアム「ザ・プロファイラー〜夢と野望の人生〜season5」放映開始(岡)

●10/8(土)
☆TV
17:45〜WOWOWシネマ「図書館戦争」(岡)
20:00〜WOWOWシネマ「図書館戦争 THE LAST MISSION」(岡)

○10/10(月)
☆TV
10:30〜WOWOWプライム「図書館戦争」(岡)
12:45〜WOWOWプライム「図書館戦争 THE LAST MISSION」(岡)

●10/11(火)
☆TV
「TVnavi SMILE vol.22」11月号(坂)※グラビア

○10/13(木)
☆TV
19:45〜WOWOWプライム「図書館戦争 THE LAST MISSION」(岡)

●10/14(金)
☆雑誌
「J Movie Magazine Vol.16」(岡)※山崎監督と対談

2016年10月02日

2016年10月01日のつぶやき


























































posted by 風王 at 00:01| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月01日

2016年09月30日のつぶやき




posted by 風王 at 00:01| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

10/5「TVstation」21号、10/14「J Movie Magazine Vol.16」

10月5日発売の「TVstation」21号に「海賊と呼ばれた男」の現場レポートと完成披露告知が掲載されます。
それ以外の雑誌でも完成披露告知(+一般試写告知)が掲載されてます。
詳細はこちら→最新情報
(「海賊と呼ばれた男」公式)
10月14日発売の「J Movie Magazine Vol.16」には岡田君と山崎監督との対談が掲載されます。
J Movie Magazine(ジェイムービーマガジン) Vol.16 (パーフェクト・メモワール) -
J Movie Magazine(ジェイムービーマガジン) Vol.16 (パーフェクト・メモワール) -
今日で9月も終わり。
公開まで2カ月ちょっとなんですね。
これの撮影中はV6のツアー中で、体を大きくしなきゃならなくて、岡田君、アイドルというより貫禄がありましたね(^_^;)。DVd見る度に、うーんとなってしまいます。
まあいい思い出です。

V6のことを中心に呟いてます→@sy_i01
(これまでのつぶやき→ツイログ
※濃い絡みや相互フォローのお約束は出来ません。あしからずご了承ください。

会員登録してます。V6ファンまだ初心者ですが、V6のお話待ってます。 ask.fm/sy_i01

Vろくの部屋
ぶいろくのへや
※携帯用サイト

ランキングに参加しています。気になるところへ飛んで下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ V6へ
にほんブログ村
web拍手

携帯用web拍手を送る

posted by 風王 at 21:00| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | V6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日のつぶやき
































posted by 風王 at 00:01| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ツイッターまとめ記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

「滝沢歌舞伎2016」感想

ようやく書きあげた。
書きあげたのはいいけど、長過ぎた
なので、ブログでは健君のことを中心にした部分だけ載せます。
他のはサイトに載せましたので、興味をお持ちの方はお手数をおかけしますが、そちらを覗いて見て下さい。
「滝沢歌舞伎2016」レビュー

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ここからは健君の話。
合わせ技でタッキーの話も(技かよ)。

健君が怪我をしたのは4月12日。
初日3日目の出来事だった。
DVDの収録は公演も折り返しに入った17日目。
足の具合はどうだったんだろうかと思ったけれど、出番は減ってはいるものの、踊りや芝居には影響なさそう。
全く怪我を感じさせない動きだった。
しかし、最後のカーテンコールの「LOVE」の時足を引きずって出て来て、まだ痛みがあるのだと知り、泣きたくなった。
いや、私だって、熱があっても目まいがしても、動けない訳ではない限りは仕事をするけども、それでもこうやって「プロの仕事」を見せつけられると、胸がいっぱいになる。
怪我をした後、観劇しに来た剛君が楽屋にやって来て(しかもいつもは遅刻するのに、今回は30分早く来訪!)、慰めや励ましではなく、「お前の踊りを観に来たんだ」と言ったというエピソードは本当にすごいな、この人たちって思う(5/27「A-Studio」TBS)。
剛君も同じ状況になったら、きっと全力で踊る人だろうしね。

ツイッターで流れ来るレポを読むしか、情報を得てはいなかったんだけど、その中でも断トツに(多分)多く流れてくるのが「Maybe」と「MASK DANCE」だった。
その「Maybe」は手話を主体にしたダンスの振り付けになっていて、手話は手だけで表現するのではなく、表情や体の動きも時には加えたりするので、ダンスもかなり感情表現が豊かになっている。
もう恋なんてしないと思っていた男が恋に落ちてしまった戸惑いと切なさが、ダイレクトに伝わってくる。
「LOVE」という手話は英語の手話(だったはず)。
手話を取り入れたダンスではなく、手話を主役にしたダンスだけど、実際のろう者にも好評のようだった(TLだけの情報だけど)。

そして「MASK DANCE」。
怪我によって振り付けは変えざるを得なかったようだけど、全然違和感を感じさせず(怪我の直後はわからないけど)、「踊ってない」なんて思わせず、むしろ「踊ってる」。
カメラがまたいい位置にあるんだなあ。
しゅっと滑りこんでくるような振りがまた良くて。
そして、上目遣いにねめつける様な目と、上を見る時の恍惚とした目と、とにかく見る者を惹きつけて離さない(もっともこれは映像だからわかることだけれど)。
周りをジュニア達が囲み、中央の椅子に座って足を組むところはまさに帝王然としていて、カッコいいどころの騒ぎじゃない。
もっと踊りたかっただろうな。
こんなにいい出来だもの、振りを変えてしまったのは、本当に本人としては悔しかったのではないだろうか。
関係ないけど、椅子に付けられた翼が広がる所、もう少し大きくて、もう少しゆっくり広がったら、もっといいのになあとちょっと思った。

さて、タッキーとの絡み。
まずは「男女の舞」。
公演前の取材での写真が雑誌に載った時、その色気たっぷりさに、行けない事を本当に後悔した。
正直な話、(健君とタッキーの身長や顔立ちから)男女逆じゃないの?と思っていたんだけど(主役はタッキーだから女形やるのは当然とは思うけども)、女形のタッキーが本当にきれいで、きゃあああああっ!となった(笑)。
そして、男女逆じゃないの?と思った自分を反省。
健君が男っぽく女形のタッキーに迫って行く姿は、本当にカッコいい。ドキドキした。
ドキュメントで振付師の藤間さんが、健君の動きを見て健君のSっ気を見抜いていたけど、それを考えても健君がタチをやるのは当然だったのかも(でも健君の女形も見てみたい…)。
もう1つ
そう言えばアドバイザーとして、1日だけだけど市川右近さんがいらっしゃってた。
お忙しい中、たった1日でもいらっしゃるのは、それだけ歌舞伎を広めたいと思われてるのだろうし、タッキーの本気度も理解されてるのだろうな。
いつか本格的な歌舞伎に、健君やタッキーが出演しても面白いかも知れない(翼君も出ることだし)。
ところで舞台で健君の兄を演じた片岡愛之助さんはこれを観てないのかな?
兄上には是非観て頂きたかったですね。

その後の「蝶の戦い」は、連獅子を思わせるような踊りで、面白いと思った。
ただ構成というか、踊りはいいけど何か物足りなさも感じた。
ストーリー性がないのかな?
現代的な音楽に拍子木が打たれるという、和と洋のコラボだけに、もう1つ何か加えても良さそう。
白装束の健君は美しかったけど、「戦い」というからには何かを対比させなくちゃならないんじゃないのかなとか思ったり(黒っぽいタッキーの衣装との対比だけ?)。

通常盤にボーナストラックとして収録されている「浮世艶姿桜」。
DVD収録日は健君の怪我のために披露されてなかったもの(タッキーが1人で披露)。
タイトルは和なんだけど、ジャニーズっぽい歌と踊り。
途中ジュニアがセグウェイに乗って出てくるし。
これを見ると、もうケンタッキーでデビューしてもおかしくないよね?って感じがする(笑)。
カーテンコールで歌われた「Love」はタッキー作曲で健君が作詞だし、これをCDにして、カップリングが「浮世艶姿桜」。
DVD特典にはPVね(笑)。

そして第二部のお芝居「鼠小僧次郎吉」。
当然次郎吉はタッキーで、健君は次郎吉を追いかける岡っ引きの仙吉。
オチは、え、そんななの?って思ったけど(悪い奴がいて共闘するのかと思ってた)、腕のたつ岡っ引き役がカッコ良かった(でも次郎吉を捕まえられてないから、結局ダメじゃん…てつっ込んじゃいけない?(^_^;))。
セリフもしっかり言えてるし、発声とかしかっりやってるんだろうなあと思う。
次郎吉はNHKでもやってて、タッキーのその姿は見慣れてるけど、岡っ引きの健君は新鮮だった。
NHKの「鼠小僧次郎吉」にシーズン3があるなら、是非とも健君をレギュラーで出して頂きたい。

最初、踊りを見てても怪我を感じさせないと書いたけど、「男女の舞」とか、よくよく見てると怪我をした右足を引きずってるようなところがある。
負担がかからないところは、なるだけ負担がかからないように工夫して踊ってるんだろうし、多分舞台を見る限りは気づかない程度。
剛君もだけど、ちょっと誤解を受けやすい人だけど、とても努力家で真面目。
ドキュメントでも本番直前まで振りを確認してる姿が映ってた。
稽古風景でも、和装の踊りの稽古では、1人着物着て臨んでた。
健君を知らない人がこれを見て、こういう人なんだと認識してくれたら嬉しい。
あと、やっぱり優しい。
ジュニアの佐久間君が何を気にいったのか(笑)、健君の楽屋に入り浸ってたけど、嫌だを言いながら追い出したりしないのね。
佐久間君の神経もすごいけど、健君も優しいなと思った。
私なら蹴飛ばしてでも追い出します、はい(笑)。
V6と後輩の絡み自体がないから(井ノ原君が番組を一緒にやったり、岡田君が映画やドラマで共演するくらい)、健君と後輩の絡みも見ることはないけど、佐久間君の才能はちゃんと認めてて、稽古中もみんなにアドバイスもしてるし、いい先輩にやってた。
去年の24時間テレビでのジャンプとの絡みでは、ちょっと空回ってた(ジャンプ君達が、健君のキャラに慣れてないんだと思うけど)から、良かったなあと思います(誰目線?)。
V6以外での素の健君の姿を見られるというのは貴重。
同時に、きっちりしてそうなタッキーが意外に大雑把で、いたずらっ子な姿も見られて、こちらはこちらで貴重(笑)。
「男女の舞」で2人でしっとりと奈落へ下りた後、女形のタッキーが足広げて「じゃ!」と去って行く姿に健君が突っ込んでたり、健君の楽屋に小判を投げ込んで行ったり、タッキーってそういうことするのね(笑)。
健君が今回歌舞伎に参加したのは、タッキーの子供時代のかわいい笑顔が見たかったと言っていて、座長として踏ん張っているタッキーの手助けをしたかったのかなと、そしてきっと健君の存在はタッキーにもジュニアにもありがたいものだったんじゃないかなと思う(特に佐久間君(笑))。

今まで全く縁がなかった、ジャニーズエンターテイメント。
不慮の怪我が残念だけど、健君のお陰で新たなジャニーズを見る事が出来た。
お金の問題が大きくて(^_^;)、V6が関わらなければ今後観に行くっていうことはないかも知れないけど(ごめんなさい)、もし来年また健君が出るなら観に行きたい(リベンジはあるのかしら?なさそうだけどね)。

ところで、健君を挟んでの佐久間君と岡田君の対決はいつ実現するんでしょうか?

滝沢歌舞伎2016 特設サイト

V6のことを中心に呟いてます→@sy_i01
(これまでのつぶやき→ツイログ
※濃い絡みや相互フォローのお約束は出来ません。あしからずご了承ください。

会員登録してます。V6ファンまだ初心者ですが、V6のお話待ってます。 ask.fm/sy_i01

Vろくの部屋
ぶいろくのへや
※携帯用サイト

ランキングに参加しています。気になるところへ飛んで下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ V6へ
にほんブログ村
web拍手

携帯用web拍手を送る

posted by 風王 at 21:52| 秋田 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(TV番組、ドラマ、映画、舞台等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする