お知らせ

当ブログは今日の風王日記2ndへお引っ越し致しました。
内容は変わっていませんし、こちらも削除せず置いておきますので、変わらずご訪問くださると幸いです。

2009年03月17日

こんなブログがあります

廃墟ディスカバリー
誰もいない廃墟なのに、不気味なはずなのに、何か魅力があります。
このブログの写真を集めた本を、多分私は立ち読みしています。
で、わ、こんな本があるんだと思いました。
立ち読みだったから、そんなにじっくりも読めなくて、買うほどに懐が豊かでもないし、なので、本当にざっとしか見なかったんですが、すごいと思いました。

以前、運営をやめた紡績工場を見たことがあります。
住居も併設された、地方の小さな工場(こうじょうじゃなくてこうば)なんですけど、何だかね、ついさっきまで人がいたような感じで、侘しくなりました。
建物は割と古いです(いつ頃か覚えてない。残念)。
戦後すぐの雑誌があったから(中原淳一の「それいゆ」みたいなの)、多分その頃にはあったんでしょう。
住居は田舎にしてはモダンな造りでした。
今、取り壊したはずです。
残念です。

建物は、人がいなくなったら終わりじゃないんですね。
その工場は、営業停止してそう何年も経ってなかったからかも知れませんが、生々しささえ覚えました。
こちらのブログの写真も、写真ですが、何か語りかけて来るものがありますね。
姿が消えても、人の心が残っているのかも知れません。

廃墟ディスカバリー
「 廃墟ディスカバリー」小林 哲朗(著)
ISBN-10: 475721569X
ISBN-13: 978-4757215696
発売日: 2008/09
定 価:2310円(税込)

ランキングに参加しています。気になるところへ飛んで下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村その他日記ブログ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村愚痴・ぼやき
web拍手

携帯用web拍手を送る
posted by 風王 at 22:46| 秋田 | Comment(0) | TrackBack(0) | 他サイト・ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック