お知らせ

当ブログは今日の風王日記2ndへお引っ越し致しました。
内容は変わっていませんし、こちらも削除せず置いておきますので、変わらずご訪問くださると幸いです。

2010年03月28日

浅田が逆転優勝、キム・ヨナ2位 10世界フィギュア



【3月28日 AFP】10世界フィギュアスケート選手権(ISU World Figure Skating Championships 2010)女子シングル・フリースケーティング(FS)。ショートプログラム(SP)で2位につけた浅田真央(Mao Asada、日本)が129.50点を記録し、合計197.58点で優勝した。

 浅田はスウェーデンのイエーテボリ(Gothenburg)で開催された2008年大会(ISU World Figure Skating Championships 2008)以来2年ぶり2度目の優勝を飾り、金妍児に敗れて銀メダルに終わったバンクーバー冬季五輪の雪辱を果たした。

 男子シングルは高橋大輔(Daisuke Takahashi)が制しており、今大会は日本勢が男女アベック優勝を飾った。




何かと話題の女子フィギュア。
今TV見ました。
ニュースとかネットで話題になるから、結果はわかってましたけど(なんかミステリー小説のオチを知ったような気がしないでもない…)。
浅田選手は、ジャンプのミスがなかった(転倒がなかった)のが良かったですね。
それに緊張感を最後まで保てて、演技にもムラがなかった。
オリンピックでは、やはりジャンプでの転倒が大きかった。
まあ、ジャッジについてはおいといて。
で、2位のキム・ヨナ選手ですが。
うーん、精彩を欠いたと言われても仕方ないですね。
ジャンプでの転倒は誰にも起こり得ることですけど、彼女、その時の緊張感が感じられなかったというか、気持ちがそこで一旦途切れているような印象がありました。
本当に無理やり滑ってるんだなって思いました。
安藤美姫選手がいい滑りをしていたと思いますが、4位か…。
滑り終わった後の、あの会心の笑み。
良かったなあと思いました。

ジャッジは、やはりキム選手の2位はやり過ぎな気がしますね。
オリンピックでは、集中して最後まで綺麗な演技をしていましたし、点数の高さはともかく、金メダルも当然と思いましたけど、今回は2度のジャンプの失敗、冴えない表情。全体的にマイナスだったと思うんですが、それで2位。
あまり考えたくないですが、やはり裏があるのかなあと思ってしまいます。

ともあれ、男女揃っての金。
快挙ですね。
おめでとう。
そしてありがとう。

ランキングに参加しています。気になるところへ飛んで下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村その他日記ブログ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村愚痴・ぼやき
web拍手

携帯用web拍手を送る
posted by 風王 at 22:04| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記(社会的なこと、流行等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。