お知らせ

当ブログは今日の風王日記2ndへお引っ越し致しました。
内容は変わっていませんし、こちらも削除せず置いておきますので、変わらずご訪問くださると幸いです。

2011年02月22日

東京行きました

2/22明星一平ちゃん夜店の焼きそば
明星一平ちゃん夜店の焼きそば塩だれ味。
黒こしょう入マヨネーズがあるんですが、あまり辛い感じはなかったですな。
おいしくいただきました。

ランキングに参加しています。気になるところへ飛んで下さい。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村グルメブログ
にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村グルメブログ 今日食べたもの
web拍手

携帯用web拍手を送る

19日20日と東京へと行って来ました。
またまた珍道中ですが、かなりまた疲れて帰って来ました。
というのも、こっちはまだ雪がありますが、東京はない。
ってことで、間を取って、皮のブーツ履いていったんです。
が、これで歩きまわると、これがまた疲れて。
なわけで、詳細な旅行記は後々ということで。

帰りの新幹線まで時間がかなりあって、本屋で本を買って時間をつぶそうと思いまして。
買ったのがこれ。
奥田英朗氏文庫本2冊
奥田英朗氏の「イン・ザ・プール」と「空中ブランコ」です。
今、ドラマをやってますが(Dr伊良部一郎/テレビ朝日)、これは私は第1話しか見てないです。
何度かドラマ化や舞台化されてますが、私のイメージはアニメ版(http://www.toei-anim.co.jp/tv/kuchu_buranko/)。もっとも秋田では放送されてなくて、私はネットでちょこちょこ見てただけですが。
主演が三ツ矢雄二さんで、本書の中の伊良部の「いらっしゃ〜い」を読む時は(いや、他のセリフでも)彼の声になってました。
1冊280ページ前後なのですが、あまりに面白くて、読み切ってしまいました。
特に「空中ブランコ:に収められている(あ、これは2冊とも短編集です)、「女流作家」では泣けて来ました。
みんな精神科へ送られてくる患者なんですが、担当医の伊良部があまりに奇妙奇天烈で、なかなか自分の弱みを見せられない患者達も、伊良部の前では何故か素になっていきます。
アニメ版も面白かったし、小説も面白いです。
機会があったら、是非。
空中ブランコ [単行本] / 奥田 英朗 (著); 文藝春秋 (刊)
イン・ザ・プール [単行本] / 奥田 英朗 (著); 文藝春秋 (刊)
空中ブランコ 第1巻:ノイタミナショップ by モノゾク [noitamina shop by...

posted by 風王 at 23:28| 秋田 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記(日常的な出来事、感傷、愚痴) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック