お知らせ

当ブログは今日の風王日記2ndへお引っ越し致しました。
内容は変わっていませんし、こちらも削除せず置いておきますので、変わらずご訪問くださると幸いです。

2014年02月24日

映画「清須会議」

上映会があって見て来ました。
約2時間半、結構長いですが、寝ることもなく(危なかったけど)、楽しんで来ました。

テーマは有名な清須会議(清州会議)。
本能寺で亡くなった織田信長に代わって後を継ぐものを巡って、家臣達が攻防を繰り広げます。
柴田勝家と丹羽長政が推す信長の三男信孝(現実は次男だが、母親の血筋から三男となっている)と、羽柴秀吉が推す次男信雄(のぶかつ)。
しかし信孝は信雄より優れているが器は小さく、信雄はうつけ者だった。

とにかく出る人出る人が豪華。
ほんのチョイ役にも西田敏行さんだとか天海祐希さんとか松山ケンイチさんとか、贅沢です。
物語は大河ドラマなどでも出て来ますので、有名ですが、ここまで掘り下げたことはないでしょう。
清須城での濃い5日間の駆け引きは、なかなか面白かったです。
大泉秀吉も体の貧弱さが(羽織が似合わない…)、かえって成り上がりな感じがしてよかったです。
あの耳、作り物?あんなに大きかったっけ?
鼻に付くほど小賢しく、それでいて勝負をかけるところは勝負するという緩急が気持ち良かった。
この後どうなったんだろうと想像が膨らみました。
秀吉が、信長の長男信忠と武田信玄の娘松姫との間に生まれた三法師を後継ぎにとしたのは、松姫の計略というのは、いささかやり過ぎな感もしないでもなかったですがね。

お市は最初勝家を嫌いながら、秀吉憎しのあまり、勝家と結婚するとか、松姫が策を労したとか、女性の怖さも出た映画でした。
松姫は剛力彩芽さんでしたが、最初はお人形みたいで、こけしがしゃべってるみたいなかわいらしさだったのに、秀吉の妻寧に、真相を話した時はぞっとするような小悪魔になりました。
市が秀吉に、勝家の妻になると話した時もです。
結局男がどうあがいても、女には敵わないということでしょうか?

寧役が中谷美紀さんだったのですが、そこに黒田官兵衛(寺島進さん)が出て来ると、何だか不思議な感じでした(笑)。
黒田官兵衛は、いつも秀吉を操るような、怪しい感じで描かれますが、今回はそんな怪しさはあまりなかったですね。
にこりともしない役ですけど。
あと、会議のキーパーソンとなる、信長の弟信包(のぶかね)がちょっと面白かったです。
時代劇でもあまり大きく取り上げられるような人じゃないですけど(今回初めて知りましたけど)、伊勢谷さん演じる彼はちょっと存在感があって、興味引かれました。

映画の続編と言うか、ここに出来た登場人物を含め、大泉秀吉のその後を見たい気がしました。
三谷さんだったらどう描くんだろう?
大河ドラマでと思ったら、この映画フジテレビ提供でした。
フジで大河ドラマって無理かしら。
大奥みたいに出来ないですかね〜。

ランキングに参加しています。気になるところへ飛んで下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村その他日記ブログ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村愚痴・ぼやき
web拍手

携帯用web拍手を送る
posted by 風王 at 00:12| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 感想(TV番組、ドラマ、映画、舞台等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック