お知らせ

当ブログは今日の風王日記2ndへお引っ越し致しました。
内容は変わっていませんし、こちらも削除せず置いておきますので、変わらずご訪問くださると幸いです。

2015年03月11日

あの日、2011年3月11日

2011年3月11日の日記「生きてます

ずっと日記には書いて来なかった。
ツイートでは呟いていたけれど、ちゃんと日記には書かなかった。
あの日、2011年3月11日。
秋田県は大きな被害は受けなかった。
被害者も、怪我人は出たが、亡くなった方はいなかった。
「被災地」と言うのは憚られた。
東北では秋田だけが死亡者を出さなかった。
建物も壊れなかった。
だから「被害に遭いました」とは言えなかった。
では辛くなかったのか?
ずっと考え続けてた。


でもやはり辛かった。


今だから言える。
私もあの頃「辛かった」。
「しんどかった」。


職場がスーパーで、地震が起こって、停電になって営業が出来なくなり、お客様にはお帰り頂き、壊れた醤油瓶やら棚から落ちた商品を片づけ、ひとまず5時になるのを待った。
その間にツイッターなどで情報を得るが、津波が来たとか1度聞いても信じられないことばかりで、実感がなかった。
天候が悪く、4時にはもう暗くなっていて、店長判断で4時には帰宅することになった。
同僚の車に乗せて貰い、信号の点かない道路を吹雪きの中走った。
笑いながら、大変なことになったね〜なんて喋りながら。
2、3度救急車とすれ違った。
滅多にないことで、やはり大変なんだと思ったが、まだ全貌がわからない。
家に着いて、ろうそくの明かりの中食事を取る。
うちは暖房は反射式石油ストーブがあったので、何とか暖を取ることが出来た。
ガスや電気ストーブで暖を取っていた家は大変だったと思う。

翌日は信じられないぐらい晴れ。
店に一応出勤したが、パートは帰っていい事になり、正社員だけがレジのない状況で商品を売っていた。
我が家はその日のうちにガスも水道も復旧したが(電気は翌日)、大変なことには変わりなかった。
ようやくついたTVから流れる映像に胸が痛んだ。
「ああ!」と言いながら、津波に流されていく町を眺めるしかない住民の姿を今でも覚えてる。
山一つ越えた向こうの町で、こんなことがあったんだ。
罪悪感というのはおかしいけれど、申し訳ない気持ちになっていた。
今すぐそこへ行って、「ああ!」と言うしかない住民の背中に手を置いて寄り添いたかった。
何も出来ない。
何の力もない。
こんなにも無力だ。

地震の翌々日から通常営業になったが、職場のエアコンがガスで、ガスが通らず、ずっと寒い状況で仕事をし、休憩を取った。
道路が寸断され、物資が入らず、ガソリンや石油も入らず、店で売る生鮮は全く入らない。
店にある在庫商品(インスタントや酒など)を並べるしかない。
魚などを置いていた冷ケースにビールが並ぶ。
インスタントやカップラーメンの棚は売り切れで空になる。
つい先日、電気系統の故障で、冷ケースが使えなくなり、商品を撤去して空になったことがあった。
まるで震災の日を思わせた。
思い出せば苦しい。
ああ、やはり辛かったんだと思う。
だけど家が流された訳ではなく、家族も友達も親戚も亡くした訳ではない。
辛いなんて言ってはいけないとその時は思っていた。
いや、こんなことは辛いなんてもんじゃないと思っていた。
道路が復旧して物資が入りさえすれば、本当の通常営業になる。
2週間かかった。

通常営業に戻ったら戻ったで、震災当日の話になる。
営業先は大概仙台に本社や工場がある。
話してる途中で地震になって、後で電話すると切れてそれっきりだという話も聞いた。
職場の自分の使っているパソコンの隣にコピー機(兼FAX)があるのだけど、省エネモードで普段は電源が切れた状態で、FAXが来たりすると起動する。
その起動する瞬間の音が、警報が鳴る瞬間の音に似てて、しばらくその音を聞くと、内心ドキッとしていた。

ツイッターでも震災の状況がどんどん流れて来た。
TVでは、映画では「自粛」ムードだったのに、津波の映像が次々流された。
見過ぎたのだろう、聞き過ぎたのだろう。
私はトラウマのように、「震災」と聞くだけで涙が出るようになった。
一時期、情報を入れるのを止めた。

「被災者」と自分の事は言えない。
でもあの時、やはり自分も辛かったんだと思う。
4年経った今なら言ってもいいかと記しておく。

ランキングに参加しています。気になるところへ飛んで下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村その他日記ブログ
にほんブログ村 その他日記ブログ 愚痴・ぼやきへ
にほんブログ村愚痴・ぼやき
web拍手

携帯用web拍手を送る

ラベル:東日本大震災
posted by 風王 at 23:18| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記(社会的なこと、流行等) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック