お知らせ

当ブログは今日の風王日記2ndへお引っ越し致しました。
内容は変わっていませんし、こちらも削除せず置いておきますので、変わらずご訪問くださると幸いです。

2016年01月14日

SMAPの思い出:「リンゴジュース」

最初に好きになったSMAPの曲は「$10」なんだけど(その前から好きは好きだったけど、この曲で特に意識し出したと思う)、とにかく当時アイドルにしては(まだキラキラ王子的なイメージが男性アイドルにはあった)、セクシーで好きだった。
その後始まったスマスマを見るようになって、色んな歌を毎回聞くようになったんだけど、その後大ヒットした「夜空ノムコウ」は確かMVが流れたと思う(記憶が曖昧なので違ったらごめんなさいだけど、MV流すのって、スマスマだけだと思う)。
この曲は98年のリリースでもう20年近く前になる。
まだ中居君や木村君も20代だったけど、この曲は若いうちは若いなりに切ないと思うだろうけど、40代50代になった時、もっとここに書かれた歌詞が若い時とは違う意味で迫ってくるだろうなあと思った。
初めてSMAPのCDを買った。
そして「夜空ノムコウ」のカップリングで入っていたのが「リンゴジュース」。
君のカバンの中身を見せてくれよという歌詞だけど、この歌も好きだった。
下手すると結構(私の中で)好きな歌上位に入る。
この歌はカップリングだからというのもあるのだろうけど、どこにも(ライブでも)披露されていない歌。
歌詞の中には「ナイフ」が出て来る。
君のカバンの中に入ってるナイフ、それでリンゴジュースを作ろう
これだけではどういうことかはわからないと思うけど、当時、木村君が出演していたドラマ「ギフト」でバタフライナイフが登場し、それが話題になって流行したんだけど、それを使っての犯罪も起きてしまった(事件を起こした少年がドラマで木村君演じる主人公がバタフライナイフを振る回すのを見て、カッコいいと思ったと供述)。
木村君が悪い訳ではないのに、色々叩かれもした。
それを受けての歌だろうと思われ、印象的だった。

歌は「誰かが君の事を噂しててもそれだけだ」と「君」にナイフは必要ないと言う。
そして歌詞の最後はこんな言葉で締めくくられる。

「ぼくらのこと今でも そんなに許せないかい」

ぼくらって誰だろう?
歌詞の中では噂をしてるのは「誰か」だ。
自分達とは言ってない。
もしもバタフライナイフ使った事件と絡めてなら、加害者は未成年だったので、「大人たち」全体のことだろうか?
「カバンの中身を見せてくれよ」というのは、結局自分達の事を信じてくれと言っているようなものだし。
表面的なものだけを見て真似するのではなく、大人を信じて中身も良く見てくれよと。
悪い大人もいるけどいい大人もいる。
そういうことを言いたいのだろうか?
当時色んな事を考えさせられた歌だった。
夜空ノムコウ - ARRAY(0x11f957d0)
夜空ノムコウ - ARRAY(0x11f957d0)
夜空ノムコウ -
夜空ノムコウ -
栃木女性教師刺殺事件(wikipedia)

ランキングに参加しています。気になるところへ飛んで下さい。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 芸能ブログ ジャニーズへ
にほんブログ村
web拍手

携帯用web拍手を送る

posted by 風王 at 20:50| 秋田 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | SMAP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック